世界遺産 新原・奴山古墳群(神宿る島沖ノ島と関連遺産群)

福津市世界遺産 新原・奴山古墳群

福岡県福津市にある「新原・奴山古墳群」周辺をちょい旅します。「新原・奴山・古墳群」は5世紀~6世紀頃、宗像地方と玄界灘を中心に海域を支配した海洋豪族(海人族)で、沖ノ島祭祀を担った宗像氏一族の古墳群で現在41基の古墳が残されています。

2017年「沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

展望台(こちらより遥か彼方60㎞先に沖ノ島があります

宗像の海洋豪族宗像徳善の娘尼子娘は天武天皇の妃となり高市皇子を生んでいます(654年頃)。壬申の乱で活躍された方たちですね。このころより大和朝廷中枢との親密な関係があったようです。

国道495号宗像農協前の中型前方後円墳
田園風景の中に佇む「ニタ塚古墳」
展望所へはセブンイレブン福津勝浦店を右折
新原・奴山古墳群展望台(案内所)入口

この先495号線を北九州方面に進むと、すぐ先に農産物直売所「あんずの里」や2017年九州の道の駅TOPになった「道の駅むなかた」(おさかな市場)があり、途中右に入ると宗像大社辺津宮、左に入ると大島渡船がある神湊に向います。

んずの里展望所からの田園風景

「沖ノ島は見えるのか?!」といわれると天候・透明度が良い場合、見えることもあります。場合によれば対馬が見えるとか。沖ノ島が見えるポイントとして東郷公園日本海海戦記念碑の戦艦三笠大砲の先、またはそこから恋の浦側へ下る途中の盾崎神社の自然歩道を50mほど入ったところです。※夕陽の絶景スポットでもあります。手前に宗像大社中津宮がある大島が見えますが、その左手奥に宗像大社沖津宮がある沖ノ島が位置します。

大峰山頂 東郷公園 日本海海戦記念碑
戦艦三笠の艦橋を模した記念碑
盾崎神社先の自然歩道を入った絶景スポット
自然歩道を少し入れば沖ノ島が望めるスポット

ちょい旅 福津市津屋崎「沖ノ島と関連遺産群」散策お楽しみ下さい。

#九州の旅 #九州旅 #九州旅情報 #九州旅行 #ちょい旅九州 #ちょい旅 #チョイスたび #隠れスポット #癒しスポット #ドライブ #日帰り #絶景 #絶景風景 #福岡県の旅 #津屋崎 #福津市 #宮地嶽神社 #光の道 #津屋崎を散策 #福津市津屋崎をちょい旅 #光の道の街を散策 #新原・奴山古墳群 #沖ノ島 #神宿る島 #楯崎神社 #東郷公園