曽木発電所遺構 (湖底より姿を現す神秘的な建造物跡)

10月中旬の曽木発電所遺構

初夏から秋にかけて湖より姿を現す神秘的な建造物跡「曽木発電所遺構は、鹿児島県伊佐市大口宮人の曽木の滝下流1.5キロ下流にあります。

熊本県水俣市の化学工場に電力を送電するために建設された水力発電所の跡で、鹿児島県唯一の明治期建造煉瓦建築物です。曽木発電所遺構の下流の8.5キロには鶴田ダムがあり、ダムの水位を下げる渇水期の5月から9月にかけてのみ全貌を表します。もちろん湖に浸かる光景も絶景です。尋ねる季節で景観が違う建造物です。 

レンガ造りの発電所跡はジブリ映画の出てくるような面影を残した、神秘的な癒しポイントです。「ちょい旅九州」リストに加えてください。

住所:鹿児島県伊佐市大口宮人 

入場料:無料  曽木発電所遺構展望所 20台の駐車場有

曾木の滝
曾木の滝

曽木発電所遺構の1.8キロ上流に曽木の滝

曾木発電所遺構の1.8キロ上流には、滝幅210メートル、高さ12メートルの「東洋のナイアガラ」と呼ばれている曽木の滝があります。写真で見ると大体上記のような写りになってしまいますが、実際に曽木の滝展望台に立つと広い滝幅から流れ落ちる水の轟は圧倒的の一言。とにかく広い範囲で滝が流れ落ち壮大な光景です。

曽木発電所遺構及び曽木の滝公園へのアクセスは

九州自動車道「大宰府IC~粟野IC」まで」約2時間30分。        粟野ICを降りて国道263経由約30分で旧大口市へ。
国道267号を南下、曽木の滝方面を目指し県道404号に入る。

または「大宰府IC~人吉IC」まで約2時間。
人吉ICを降りて約45分です。

住所:鹿児島県伊佐市大口宮人635-11 

展望台からの風景
曽木発電所遺構 展望台からの眺め
sokihastudennsyoikou

#九州の旅 #九州旅 #九州旅情報 #ちょい旅九州 #ちょい旅     #チョイスたび #隠れスポット #癒しスポット #ドライブ #日帰り