門司赤煉瓦プレイス(門司駅海峡側のレトロな空間)

門司赤煉瓦プレイス旧サッポロビール醸造棟

福岡県北九州市門司区 の鹿児島本線「門司駅」を下車し西口海側の大里赤煉瓦タウン口を出てすぐの一画に煉瓦造りの建物が並ぶ「門司赤煉瓦プレイス」があります。明治45年(1912)に設立された「帝国麦酒株式会社」、最終的には「サッポロビール工場」の建物をリノベーションし資料館や飲食店などが入った建造物が集約されたレトロな町並みです。

門司赤煉瓦プレイスの入口
国登録有形文化財「門司赤煉瓦プレイス」           
近代的ビルと並ぶレトロな赤煉瓦建造物の一画「門司赤煉瓦プレイス」
近代的なビルと並ぶ「旧サッポロビール醸造棟」

門司赤煉瓦プレイスに入って直ぐに目につく重厚な建物は、近代化産業遺産に認定されている「旧サッポロビール醸造棟」です。お洒落なカフェ等が入っています。

旧サッポロビール倉庫棟を改装した「赤煉瓦交流館」

旧倉庫棟を改装した「赤煉瓦交流館」。奥行きが深い建物で、ホール・会議室・レストラン等が設けられています。

「北九州市麦酒煉瓦館」は他の赤煉瓦とは違った色味の建物

門司赤煉瓦プレイスの中で、赤煉瓦色と少し違った「北九州市麦酒煉瓦館」は日本における最初期の鉱滓(こうさい)煉瓦の建物で、現存最古の本格的鉱滓煉瓦建築との事。鉱滓製鉄所の高炉で鉄鉱石を還元して鉄を取り出す過程で出る副産物を利用し作ったものだそうです。北九州の街中で見掛けるねずみ色っぽい煉瓦は、製鉄の町のならではのものなのですね。

わたせせいぞうさんのイラストパネル
通りの入口にある「わたせせいぞう」さんイラストパネル
旧サッポロビール醸造棟 の東側にあるカフェ

昭和時代の雑誌モーニングで連載された「ハートカクテル」の作者「わたせせいぞう」さんは北九州の出身で、このイラストを見て懐かしむお父さん方も多いことと思います。門司港駅「門司港レトロ」八角形塔屋の「旧大阪商船ビル」館内には「わたせせいぞうギャラリー」もあります。(※門司港レトロのリンクを貼っておきます)


赤煉瓦プレイスの駐車場と旧長崎街道
旧街道大里宿の案内表示

門司赤煉瓦プレイスの道路は「旧長崎街道」で、初代小倉藩主細川忠興が江戸時代の参勤交代の際、門司の大里から関門海峡を渡り京都まで行ったそうでここに宿場を設けました。九州の諸大名達もこの周辺の宿場から本州へ渡ったそうです。「門司麦酒煉瓦館」左手に「豊前大里宿絵図」と書かれた案内表示も立てられていました。門司港駅方面へこの旧街道を歩いて行くと幾つかの石碑や当時の痕跡も見られます。

海沿いのみちを門司港側へ走ると見えてくるニッカウヰスキー倉庫群

車で海側の道を門司港側へ走っていくと途中左手にもう一つ気になる赤煉瓦の倉庫群が見えてきます。こちらはニッカウヰスキーの赤煉瓦倉庫です。撮影当時は正面の菜の花畑とコラボして美しい景色でした。

門司赤煉瓦プレイス  住所:〒800-0063 福岡県北九州市門司区大里本町3丁目11−1

関門海峡側をのぞむ風景
豊前大里宿址の石碑

今回は門司駅周辺のちょい旅をご紹介しました。気軽なドライブコースとして、またJRを利用したウォーキング散策コースとしてお楽しみ頂けると思います。