三丘ゆめ広場「学びの椅子」(小高い丘の上に巨大すぎる椅子が出現)

三丘ゆめ広場巨大な椅子のオブジェ「学びの椅子」

山口県周南市山陽自動車道熊毛インターチェンジを降りて右折、2分ほど走った小高い丘の上に巨大すぎる椅子のオブジェ「学びの椅子」が見えてきます。地域のプロジェクトとして高校の跡地に造られた「三丘ゆめ広場」。その中に「学びの椅子」があります。ちょい旅してみませんか。

三丘ゆめ広場からの景色

丘の上からはのどかな風景が一望でき、ほっと一息つけるスポットです。高さ4mの巨大な「学びの椅子」と併設し、ブランコやSNS映えしそうな翼ベンチ、熊の彫り物(多分チェーンソーで彫った)などがあります。椅子の上にのぼるには急角度の板を這い上がらなければなりません。意外と傾斜がきつく訪れていた家族の犬は躊躇していました。上って見ようと思った方は安全を確かめ上がってくださいね。

「学びの椅子」のサイズはこんな感じ
椅子のサイズはこんな感じ。私は上るのを遠慮しました

「学びの椅子」がある「三丘(みつお)ゆめ広場」下には山口県指定有形文化財「徳修館」があります。萩藩主毛利氏一門の三丘領主宍戸氏が士民子弟の教育のため1809年に郷校として創立した建物だそうです。入口には立派な孔子の像が立っています。

山口県指定有形文化財「徳修館」
徳修館の入口に立つ孔子像

その他こちらの公園内には「弁慶穴古墳」(熊毛方面から移設された)があり、ベンチやトイレなども古墳バージョンのユニークなものでした。

弁慶穴古墳
古代鏡のようなテーブルと椅子

ドライブエリアとしては近くに「伊藤博文公生誕の地記念公園」や「柳井白壁の町並み」などもあります。合わせたドライブプランも良いでしょう。柳井まで来てしまったら柳井港から防予フェリー(オレンジライン)に乗り込めば2時間半ほどで四国松山です。この際行ってしまう手もありです。

「伊藤博文公生誕の地記念公園」
の懐かしい千円札顔出し
金魚提灯がお出迎えしてくれる柳井白壁の町並み

今回も九州を出た「ちょい旅」(※九州から出発のチョイスたび)でしたが福岡方面から2時間半程度のところです。よろしければ「ちょい旅」プランに入れてください。

三丘ゆめ広場の詳細

  • 住所:山口県周南市大字安田
  • アクセス:山陽自動車道熊毛ICから車で2分
  • 施設:駐車場・トイレ完備

#九州の旅 #ちょい旅九州 #ちょい旅 #ちょい旅九州チョイスたび #隠れスポット #癒しスポット #ドライブ #日帰り #絶景の旅 #山口旅行 #九州からの旅 #福岡から山口へ #ちょい旅九州から #学びの椅子 #三丘ゆめ広場 #巨大な椅子 #周南柳井エリア #山口の観光スポット